geek.conf.2

あるインフラエンジニアの備忘録

RedHat 認定エンジニア RHCE (RHEL7)

割と前ですが、RedHat 認定エンジニア 以下RHCEに合格しましたので
報告しますね。

RHCEとは、
・nmcliコマンドによる静的経路、パケットフィルタリング、ネットワークアドレス変換、チーミングの設定
・firewallコマンドによるネットワークポートのセキュリティ設定
・systemctlコマンドによるサービス/デーモンの制御
iSCSI イニシエーターの設定
・自動化のためのシェルスクリプト
・HTTP/HTTPSサーバ
NFS/SMBサーバ
SMTPサーバ
・NTP/DNS(unbound)サーバ
といったRHEL7の主要機能を一通り、実装することができるエンジニアとしてRedHatから認めてもらえる資格です。

本資格の取得にはRedHat認定システム管理者(RHCSA)を取得していることが必要条件です。

合格日:2017/03/31
点数:点数は伏せますがギリギリでした
勉強期間:2017/03/27 - 2017/03/30 (トレーニング受講期間)
勉強方法:
RedHat認定エンジニアトレーニングを受けて、その内容を全て理解します。

感想:
・試験時間は3.5時間あって全て実技試験です。
・資格取得にはトレーニングを受講した方が良いです。
・3.5時間て長いと思いますが、時間足りません。内容モリモリです。
・4日間のトレーニングは終わった後も毎日、復習を行いました。
・復習はVagrantで環境を整えて、何度も練習できるようにしました。
・RHEL7に未だ慣れていなかったのですが、慣れないと受かりません。
・なのでトレーニング受講の前にRHEL7に慣れておくことをオススメします。
・特にsystemctl、firewall、nmcliは押さえておくと良いと思います。

もう数年前から取りたかった資格の1つです。
Linuxを扱う人だったら取っておいた方が良いです。実技試験なのでLinuxサーバの構築はこの資格を持っているだけである程度証明されます。しかし難しかった。