読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

geek.conf.2

あるインフラエンジニアの備忘録

AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト

資格

ういっす。なんか疲れた僕です。
AWSソリューションアーキテクトアソシエイトに合格したのでログを記します。

AWSソリューションアーキテクトアソシエイトとは簡単に言うとAWSのサービスを使ってシステムを設計できるよ、できるんじゃない?設計くらいは、とAWSに認定してもらう試験です。

AWSのサービスを使うだけじゃなくてその利点と謳う分散配置をうまく使って、スケーラビリティ、可用性、耐障害性が極めて高いシステム設計が問われます。

合格日:2015/02/01
点数:81%
勉強期間:15日(2015/01/17 - 2015/02/01)
勉強方法:
AWS実践入門受講
・Architecting on AWS受講
AWSドキュメントを読む。以下、読んだもの。
----------------------------------------------------------------------------------
EC2、VPCのユーザーガイド、S3の入門ガイド、開発者ガイド、
ELBの開発者ガイド、Auto Scalingの製品の詳細、
IAMの使用、RDSのユーザーガイド、CloudWatchの開発者ガイド、
SQSの開発者ガイド、SWFの製品の詳細、SNSの開発者ガイド、
AWS セキュリティとコンプライアンス
----------------------------------------------------------------------------------
一応、EC2(ELB)、VPC、S3、EBS、IAM、RDS、CloudWatch、SQS、SWFのよくある質問も読んだ。

AWSドキュメントが英語だったりあまり充実していないサービスについてはマイスターまたはBlack Belt Techを読む。
読んだ中で効果的だったマイスターは、、
----------------------------------------------------------------------------------
Amazon Simple Work Flow Service
:ムズい。
リザーブドインスタンス&スポットインスタンス
:スポットインスタンスなんて初めて知ったよ。
Amazon CloudWatch & Auto Scaling
:イマェさん。AutoScalingポリシーについて理解を深められたかな。
Reloaded -Amazon Glacier-
:Glacier = 氷河なんですって〜
Amazon CloudFront / Amazon Elastic Transcoderによるコンテンツ配信
:ClodFrontとS3との連携時におけるベスプラが重要。
AWS ElasticBeanstalk
:開発環境までサーセン、アマさんっ★
Amazon Route 53
:LBRの舞台裏にwonderfuuuuuuuuul!!
----------------------------------------------------------------------------------

読んだ中で効果的だったBlack Belt Techは、、
----------------------------------------------------------------------------------
Elastic Load Balancing (ELB)
DNSフェールオーバを利用したELB/S3によるソーリーページ機能はいいね!って思った。
AWS Identity and Access Management
:IAMと企業のディレクトリサービスとの連携はむ髄ね!
Amazon Elastic MapReduce
:まっぷりでゅーす??
----------------------------------------------------------------------------------

AWSドキュメントを真剣に読むと時間を浪費しちゃうのでマイスターシリーズやBlack Belt Techを読んで、AWSサービスを"このように"使うとオンプレミスでの課題が解決できるどころか、比較にならない可用性と耐障害性が得られますっていう意図を読んで"このように"の部分を考察すべし!!

なんか疲れたので今後はアニメでも見ます。see you.