geek.conf.2

あるインフラエンジニアの備忘録

XBA-3IPについて

お久しぶりです。
若くはないけどお金はあるから僕です。

本日はSonyのXBA-3IPというイヤフォンを買ったので本機について。

Sonyイヤフォン

初めてのハイクラスイヤフォン購入です。

音、良いです!

このイヤフォンはバランスドアーマチュア、通称BAという駆動形式を採用しておりまして。
なんか補聴器によく使われているらしく、繊細な音の表現を可能としております。

不得意な音域として低音域がありますが、これをカバーするため、小型化であることからも
複数のBAドライバを利用します。本機は以下の3基のBAドライバを備えます。

・広域
・トゥイーター(高域)
ウーファー(低域)

ちなみにBAドライバを4基備えるXBA-4IPてゆーのもありますが、上記に加えてスーパーウーファー(超低域)
が備わります。2基バージョン(XBA-2IP)ではトゥイーターなし。

ノイズキャンセラなしですが、ノイズブロックな構造で物理的にカバーしております。

デザインも良いので気に入りました。
解像度よろしい。
定価は¥26,000也なり。

最後にスペックを。

2013年7月 購入
≪ヘッドフォン部≫
式: 密閉トリプル・バランスド・アーマチュア型
ドライバーユニット:トリプル・バランスド・アーマチュア
感度: 108dB
再生周波数帯域: 4-28,000 Hz
インピーダンス: 12 Ω
最大入力: 100mW
コード長: 1.2m(Y型)
入力プラグ: iPod/iPhoneリモコン対応4極金メッキステレオミニプラグ
質量: 約7g

≪マイクロホン部≫
型式: エレクトレットコンデンサー型
指向特性: 全指向性
開回路電圧レベル: (0dB=1V/Pa) -42dB(0dB=1V/Pa)