geek.conf.2

あるインフラエンジニアの備忘録

動画の編集 〜再生速度編〜

動画の編集をiMovie '08で行っていました。編集といっても必要な部分だけCUTしたり、
CUTしたものを結合したりですが。

まあテキストやエフェクトはVJソフトでリアルタイムにかけるので上記で十分なんですよね。
下手にテキストやエフェクトをかけて書き出すと普遍性がなくなり、限定されちゃうし。。

んでんで、動画の再生速度をいじって書き出したいなって時にiMovie '08じゃできないんすよ。

VJソフトで流す時に再生速度いじればいいのではと思いますが、元がめちゃ遅いとその動画
のときは再生速度いじる処理をVJソフトに行うのがデフォルトになったらめんどくないすか?

うーん、iMovieでもできるバージョンとできないバージョンがある模様。

そんな時はiMovie '08を持っていれば無料でDLできるiMovieHD 6を使えばいいんです。(慈英風)


iMovie '08で編集し、書き出したファイルをiMovie HD 6のクリップに読み込まします。

そしてそのクリップをプロジェクトにビルドせよ。

編集 - ビデオ FX - 早回し/スロー/逆転 で速度を調整して適用しまっす☆

最後に ファイル - 書き出し - 圧縮形式:詳細設定 でmovファイルで書き出ししてFinishです。

終わり