読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

geek.conf.2

あるインフラエンジニアの備忘録

smallfile→bigfile表領域に変更しよう

Oracle

表領域はデフォルトで作成するとsmallfileという属性を持ちますが、1ファイルで構成される
大規模データベース向けの属性にbigfileがあります。

今回試験で用いていた表領域作成クエリを本番環境に流用してsmallfileで作成してしまい
bigfileに変更できないか、という無茶ぶりをされたのでまぁメモ。。。


タイトルのように変更したいのですが一度作成したsmallfile表領域はbigfileには変更できない
みたいっす。。

じゃあ、表領域作り直し→DBしっかり使用してる→バックアップしてから

ということで前回のData Pumpを用いてバックアップを取って、表領域作り直してインポートした
わけ。

Data Pump以外の上記手順を以下に示そっと

・表領域の再作成

SQL >drop tablespace TABLE_SPACE_NAME including contents and datafiles;

*OSデータファイルも一緒にdrop

SQL >create bigfile tablespace TABLE_SPACE_NAME datafile '/path/to/datafile/TABLE_SPACE_DATAFILE_NAME'
size 1024m extent manage local segment space management auto;

うぃ〜疲れた。